gccコマンド - C言語ソースコードのコンパイルとリンク

gccコマンドは、C言語ソースコードのコンパイルとリンクを行うためのコマンドです。

コンパイルとリンクを行って、実行ファイルを生成するにはgccコマンドで、「-o」オプションを使用します。

gcc -o 出力ファイル名 入力ファイル名

「-o」オプションで出力ファイル名を指定します。

gcc -o 出力ファイル名 入力ファイル名

このコマンドでは、コンパイルとリンクの作業を一度に行ってしまいます。入力ファイルが一つなので、リンクした気分にはならないです。リンクという言葉の意味もまだ説明していません。まず実行できるところまでを、試してみましょう。

「test.c」というC言語ソースファイルから「test」という実行ファイルを作成してみましょう。

// test.c

#include <stdio.h>

int main(void) {
  printf("Hello World!\n");
}

gccコマンドで実行ファイルを生成します。

gcc -o test test.c

gccを使ったC言語開発環境の構築手順

gccを使ったC言語開発環境の構築手順については以下の記事を参考にしてください。

C言語で開発を行う

gccを使ってC言語で実際に開発を行うには、以下のサイトを参考にしてください。

gccの動画解説

Perlテキスト処理のエッセンス
  • 初級者向け・テキスト処理と正規表現の基本をマスター
業務に役立つPerl
  • 実務者向け・ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Perlクラブ
  • 仲間と出会い
    ゆとりあるエンジニアライフを送る